山P、ガッキーらが北海道弁を披露!『コード・ブルー』“真夏の日本縦断ツアー” in 札幌

コード・ブルー

2008年7月に1st Seasonが放送され、“医療・災害現場のリアルな描写”、“患者とそれに接する人々が織りなす感動の人間ドラマ”、“主人公たち5人の成長物語と絆”を描き大ヒットとなった連続ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」。

誕生から10周年となる今年、ファン待望の劇場版が7月27日(金)より全国公開!

公開を記念し、7月21日(土)・22日(日)にかけて行われた、メインキャストの山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんによる全国4都市を巡る『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』“真夏の日本縦断ツアー”札幌会場の模様をchスタッフがお届けします。

初イベントMCをこなした山下智久さん
北海道で好きになった食べ物とは?

 本ツアーの皮切りとなったのは札幌会場。イベント開始前の場内アナウンスを比嘉愛未さん、浅利陽介さんが務め、「どうもこんにちは、山下智久です」という浅利さんのジョークに会場は和やかな雰囲気に包まれます。

コード・ブルー
 この札幌会場で、初のイベントMCを担当した山下智久さん。「高校の修学旅行の時に北海道を回ったのですが、当時はウニを食べられなかった僕が、北海道でウニを食べてからなまら好きになりました」と北海道弁を織り交ぜ、新垣結衣さんも「お昼ご飯のお弁当がなまら美味しくて食べすぎちゃったけどいいっしょ!」と語りました。さらに戸田恵梨香さんが「北海道は気候が過ごしやすいっしょ、ご飯も美味しいっしょ」と北海道弁を連発し、「今日はずっと使っていくの?(笑)」と比嘉さんのツッコミが入る場面も。
「ドラマを見て看護師として
もう一度歩きたいと思えた」
ファンから贈られた熱いメッセージ

 イベントでは、会場に集まったファンからキャストへの質問コーナーも実施。撮影現場に関する質問があがる中、ドラマの放送当初、新人看護師だったという方が「私は途中で挫折してしまったけれど、みなさんの成長していく姿をドラマで見た時に、看護師としてもう一度歩いていきたいという気持ちになりました。本当にありがとうございます」とキャストへ感謝のメッセージを述べ、「みなさんの一言一言が僕らを勇気づけてくださいますし、大変な現場を一緒に乗り越えてきて本当に良かったなと改めて僕らも思っているので、僕からも感謝を伝えさせてください。ありがとうございます!」と山下さんも感謝の気持ちを伝えました。

コード・ブルー

山下智久さん・比嘉愛未さん・新垣結衣さん・戸田恵梨香さん・浅利陽介さん

 「10年間、同じ仲間と一緒に走り続けることができたのを嬉しく思いますし、なによりも10年間続けられたのはみなさんのご支援があったからだと思います。年齢性別問わず、温かい気持ちになれるような、今を大切に生きるということは素晴らしいことじゃないかと思っていただける映画になっているので、ぜひご期待ください」と語る山下さん。最後は山下さんが自撮り棒を使い、会場に集まったファンと集合写真を撮りました。

北海道版
りんか(高2)・れいな(高3)
取材を終えて
ch STAFF・りんか(高2)
最初の挨拶の時、キャストの皆さんが北海道弁を使って挨拶をしてくださったのがとても嬉しかったです。この会場には1万5000通ほど参加の応募があったと浅利さんが話していて、そのくらいこの「コード・ブルー」シリーズはたくさんの方に愛されているんだなと実感しました。
ch STAFF・れいな(高3)
キャストの皆さんが登場した時の会場の盛り上がりがとても印象的でした。イベントは終始、和やかな雰囲気で包まれていて、5人の仲の良さやチームワークを感じるような場面がたくさんありました。映画の公開が楽しみです!
劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
  • 出演:山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、他
  • 監督:西浦正記
  • 脚本:安達奈緒子
  • 主題歌:Mr.Children「HANABI」(TOY’S FACTORY)
  • 配給:東宝

©2018「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

7.27(金)全国公開

OFFICIAL WEBSITE

error: Content is protected !!