品川ヒロシ&倉悠貴|高校生のお悩み相談「自分の軸を持ちながら人とコミュニケーションを取りたい」

今月の「高校生お悩み相談室」は、
現在公開中の映画『OUT』の監督・脚本を務めた品川ヒロシ監督、そして伝説の超不良・井口達也役を演じきった倉悠貴さんに回答いただきました。


自分の軸を持ちながら人とコミュニケーションを取るにはどうすれば良いのでしょうか?

りさ(高3) 友だちとの会話でつい相手に合わせてしまうことがあって自分の軸がないと感じて悩んでいます。自分の軸も大切にしつつコミュニケーションを上手く取るにはどうすれば良いのでしょうか?


相手の承認欲求を満たしつつ、自分の得意分野の会話をする

 今、その悩みを言葉にできる時点で自分の軸を持っていると思います。僕は人に合わせられることは素敵なことだと思います。人に合わせられない人って結構たくさんいますからね。でも、どちらも悪ではなく、ある意味ひとつの個性としてすごく魅力的だと思います。ちなみに僕も人に合わせるタイプです(笑)

品川 人との会話で黙っていると向こうベースの会話になって、それが自分の興味のない話題だとつい相手に話を合わせてしまうじゃん? だから、自分の得意分野に関する話題で相手に質問して相手の承認欲求を満たしながら、自分の有利な会話に持っていくと自分の軸を持ちつつ相手とのコミュニケーションが上手くいくと思う。


読者プレゼント

※上記は関西版ですが、関東版東海版でも同時募集中です。
お近くのエリアのアカウントをフォロー&当該ポストをリポストしてご応募ください。

『OUT』PG-12
  • 原作:井口達也/みずたまこと『OUT』(秋田書店「ヤングチャンピオン・コミックス」刊)
  • 監督・脚本:品川ヒロシ
  • 出演:倉悠貴、醍醐虎汰朗、与田祐希(乃木坂46)、水上恒司
    與那城奨(JO1)、大平祥生(JO1)、金城碧海(JO1)、他
  • 配給:KADOKAWA

©2023『OUT』製作委員会

全国公開中

error: Content is protected !!