くじら「自分が何者なのかを考え続けた高校時代。進路に悩み、高校3年は狂うほど勉強した」

くじら, 生活を愛せるようになるまで

作品を世に出すことを優先して
なるべく人格は消してきた

4月にソロ活動を発表された時に初めて顔写真を公開されましたが、これまで出されなかった理由はあるんですか?

くじら この活動を始める2年ほど前までは、バンドでベーシストとして食べていこうとしていたんです。渋谷でストリートライブなどもしていたんですが、なかなか厳しくて。それで一度音楽から離れました。「音楽をしている」と言うと「曲を聴かせて」と言われるんですが、僕にはライブ映像しかなかったので、それを観せても「ふ〜ん」としか言われなかったんですよね。絶対いい曲作ってるのに! ってそれがすごく悔しくて! もちろん自分が有名になりたいという気持ちもあったんですが、それ以上に音楽作品が世に出て色んな人に聴いてもらいたいと思うようになって、なるべく人格は消して作品を前に出していきました。

くじら, 生活を愛せるようになるまで

逆に今顔を出されるようにしたのはどうしてですか?

くじら 楽曲提供させていただく場合は、そのボーカリストさんのファンの方が主に曲を聴いてくださると思うんですが、自分が歌う場合は、自分のリスナーさんが聴いてくださって、そこから広がっていくと思うので、新しい方にも聴いて欲しいなという思いもあり、どんな人が歌っているのかを知ってもらうために出すことにしました。

ためらいなどはなかったですか?

くじら 自分で歌うとなればもちろんライブもしたいので、いずれ出すことになるとは思っていました。ためらいというより、すごく緊張しました!



▶「くじら流 “SNSとの付き合い方”」

error: Content is protected !!