田中慶子|高校生のお悩み相談「“使える英語” の勉強法は?」

今月の「高校生お悩み相談室」は、
天皇皇后両陛下、ダライ・ラマ、テイラー・スウィフト 、ビル・ゲイツ、オードリー・タン台湾デジタル担当大臣などの通訳を経験し、現在はデザイン思考を用いた英語学習法を研究されている同時通訳者の田中慶子さんがご回答!

“使える英語” の勉強法は?

ありさ(高1) 関西に住む高校1年生です。私は2025年に開催される大阪万博に英語のガイドボランティアとして参加したいと思っています。
使える英語をモノにするためにどんな勉強をしたらいいでしょうか?
効率的な勉強法があれば教えていただきたいです。お願いします。

自分なりに英語で表現する練習を!

田中慶子 「使える英語をモノにしたい」というのは、実践で役立つ「英語スキルを得たい」と言い換えることができるかと思います。
ありささんは、高校1年生ということなので、学校でも英語を学んでいることと思います。
学んだ英語は、使う経験を重ねることで「使える英語」つまり英語スキルになります。

2025年の大阪万博に向けて、今は授業の英語をしっかり理解し、その上で使う練習をしてみてください。
実際に英語スピーカーと話す機会がなければ頭の中で想像しながら考えてみるだけも良いです。これまで学んだ英語を駆使して自分なりに英語で表現する練習を重ねていくと、学んだ英語が単なる「知識」ではなく実際に使える「スキル」に変換されます。

応援しています!


田中慶子
keiko tanaka

BOOK INFO

new BOOK
「新しい英語力の教室 同時通訳者が教え
る本当に使える英語術(できるビジネス)」
¥1,650(tax in)
※発売中
error: Content is protected !!