【よしもとTALK】センリーズ「嫌なこともあるけど、こんなに笑っていられる世界はない」

左から、センリーズ テコンドー近藤・きたしろ

「第七回上方漫才協会大賞」の「よしもと漫才劇場 オシャレ&ダサい芸人ランキング」にコンビともにランクインしたことでも話題のセンリーズ。きたしろさんは「R-1グランプリ2022」の準々決勝に進出するなど今年注目のおふたりの素顔に迫りました!

オシャレ&ダサい芸人ランキング
結果を2文字で表すなら?

「よしもと漫才劇場 オシャレ&ダサい芸人ランキング」のオシャレ芸人ランキング1位がきたしろさん、ダサい芸人ランキング2位がテコンドー近藤さんでした。この結果をおふたりはどう思われますか?

きたしろ 素直に嬉しいです。1位を取るとは思っていなかったのでビックリの方が大きかったです。

近藤 オシャレには気を遣ってるもんな。

きたしろ ダサい2位に言われてもアレなんですけど。近藤はどうやった?

近藤 自分の感覚としては相方より俺はオシャレに気を遣ってる自信があるんですよ。相方より高い服着てるし。今回ダサいということを自覚するきっかけになりましたね。正直、高校からの同級生なんで相方に負けたのが一番悔しかったです。相方、高校の時ダサかったんですよ。

きたしろさん、相方さんがダサい芸人2位というのはどう思われましたか?

近藤 (きたしろさんに) お前言葉選べよ!(笑)

きたしろ 文字で言うなら「納得」。冷静な分析をすると服自体はダサくないんですけど、顔とか体型とか自分に合ってない服を着てるんですよ。オシャレなマネキンが着てる服をそのまま買ってミスっちゃったみたいな服装でめっちゃもったいないなと思いましたね。

近藤 言い返せね~。

きたしろさん、オシャレのコツを教えてください!

きたしろ オシャレという自覚がないのでそういう質問に笑ってしまうんですよね。紫色が好きなんで、紫をなるべく入れるようにはしてます。自分の体型に合った服を着るのはめっちゃ大事やなと思います。

芸人はめちゃくちゃ楽しい
ずっと楽しい

高校時代はどんなキャラでしたか?

きたしろ 相方はたぶん学校で一番面白い人。入学式の日のことをめっちゃ覚えてるんですけど、「1年4組に近藤っていうめっちゃ面白いヤツがおるらしい」って噂になっていて、友だちと4組の教室に行ったら、人だかりができてて、そのド真ん中で近藤が一発ギャグをして大爆笑が起きてたんです。そのまま3年間「面白い」と言われ続けた人やと思います。

近藤 照れるわ。

テコンドーさんから見たきたしろさんはいかがでしたか?

近藤 同じバスケ部だったんですが、僕が背が高いんで「やったー! センターや!」みたいな感じでいきなりハグしてきてめっちゃフレンドリーでした。高2の冬くらいからはきたしろがお笑いでガンガン突っ込みし出してグングン地位を上げてきて、このまま面白くなったら俺が負けてしまうって思った記憶があります。高3で同じクラスになってからは毎日遊んでました。

おふたりが芸人になることに対してご家族の反応はいかがでしたか?

きたしろ そんなに反対はなく結構応援してくれました。

近藤 僕もそうですね。やりたいことをしていいよという感じでした。小5の時に5文字で好きな言葉を書く書初めの授業があったんですよ。みんなは「あおいそら」とか書いていたんですけど、僕ひとりだけ「お笑い芸人」って書いたらしいです。

きたしろ えー! すご!

近藤 お母さんに、その時なんとなく「将来芸人になるんやろなって思った」って言われましたね。

きたしろ めっちゃカッコいいですね。今の話のとこ全部太字にしといてください!

コンビ結成からわずか2ヵ月あまりで、よしもと漫才劇場にメンバー入りされましたが、どう思われましたか?

きたしろ 全部のライブでほぼ1位を取って劇場メンバーに入って、「もう天才やん」と思いました。たぶん最速記録なんですよ。

進路を考える時に自分のやりたいことよりも安定を取ってしまいがちなのですが、おふたりはどのように考えておられますか?

きたしろ 僕らふたりとも大学に進学していて、4年生の最後あたりで急に芸人なることに決めたんです。僕は人生でやりたいことがずっとなくて、高校行って大学行って就職するんやろなって、結構普通に生きてきた感じだったんですが、このまま就職したら人生という単位で後悔する可能性があるなと思って、初めて見つかったやりたいことをやろうと思ったんです。強いていうなら、後悔しない道を選んだ方がいいと思います。

近藤 僕は収入も何も考えずに、ただ就職したくないって気持ちでお笑いを始めました。芸人はめちゃくちゃ楽しいです。ずっと楽しいんですよ。嫌なこともあるんですけど、こんなずっと笑っていられる世界はないと思うので後悔はしていないですね。ただただ笑う時間が多いです。

やりたい道を選んだ自分を信じる方法があれば教えていただきたいです。

きたしろ 「努力すること」じゃないですか。時間を積み重ねていたら、その分は絶対信じられる。何もしてなかったり経験がなかったら、信じる元がないんで。

近藤 僕は割と自信がない方なので、考え過ぎないようにすることですかね。根拠なく、なんとかなるやろと思っていたら意外とそんなキツイことは起こらないので、自分を好いてくれる人らを周りに置いて、自分の嫌いなことからは逃げて、深く考えないようにしたらいいと思います。

きたしろ それって自分を信じてくれてる人を信じたらいいんちゃいますかね。自分のことを好きでいてくれる友だちを信じたら結果回り回って自分を信じることになるんじゃない?

近藤 そうやな! 俺の言いたいこと全部言ってくれた!

ところで、もうすぐ単独ライブですが、おふたりは舞台で緊張されますか?

きたしろ 練習しまくったら緊張しないです。あれだけ練習したからって思うと緊張は減ります。あとは場慣れすること。

近藤 緊張しないようにと思うとなおさら緊張してネタ飛ばしてしまうので、緊張を楽しむ!

コンビとしての今年の目標を教えてください。

きたしろ M-1の結果がちょっとでも良いことですかね。

近藤 M-1は準々決勝までは行きたいですね。売れたいです!


今月の特集テーマ
「“カッコいい”の定義」

カッコいいと思う人を教えてください!

きたしろ

自信のある人。自信ありそうな人って舞台に出てきた時に心掴んでるし、ウケるんですよ。
努力していて、自信があって困っている時に手を差し伸べてくれる人。僕は芯がないので、自分のことを曲げず堂々としていて芯のある人はカッコいいなと思います。

テコンドー近藤

読者プレゼント

センリーズ単独ライブ「一期百笑」

日時:2022年2月20日(日)開場19:15|開演19:30
会場:よしもと漫才劇場
料金:前売:¥1,200 有料配信¥1,200

詳しくはこちらにアクセス!
センリーズ

きたしろ
1992年3月27日生まれ 大阪府出身
一般NSC33期扱い

テコンドー近藤(てこんどーこんどう)
1991年7月23日生まれ 大阪府大阪市出身
NSC大阪34期

2018年3月結成

error: Content is protected !!